クレジットカードの賢い使い方、知っていますか?

カード破産という言葉が生まれてから随分と経ちましたが、今でもクレジットカードの使い方を間違えて酷い損失をかぶってしまう方が少なくありません。そういった事実もあってか、クレジットカードそのものに「怖い」「借金をつくりやすくなる」などのマイナスイメージを抱いている方も多いようです。

しかし実は、クレジットカードを利用しているほとんどの人は、カードのせいで損をするよりも、むしろカードのおかげで得をしています。クレジットカードは人に借金をつくらせるようなものではなく、適切な使い方をすればしっかりと利益を引き出せるオトクなアイテムなのです。

<出費をカードにまとめて一括管理>

クレジットカードは利用額を確認しやすい構造になっています。カード会社の管理サービスにアクセスすることで、すでに確定している支払いはおろか使ったばかりでまだ請求日が決まっていないような支払いや、すでに終わった支払いまで確認することができます。

この確認のしやすさを利用して、日常のさまざまな支出をクレジットカードにまとめましょう。支出額を逐一チェックしてから合算する手間が省け、毎月の出費を簡単に把握できるようになります。また毎月分をチェックしていくと支出のうち大きな割合を占めている出費なども浮き彫りになります。「いつの間にやら毎月の出費がけっこうな額になってしまう」というような、出費の内訳が理解できていない方にも、クレジットカードによる家計管理がオススメです。

<クレジットカード支払いでポイントをもらおう>

多くのクレジットカードは支払い額に応じてポイントが付与され、ある程度貯めることで商品券や電子マネー、賞品などに交換することができます。 この制度を有効活用するために、光熱費や水道代などの必要経費もすべてカード払いにまとめてしまいましょう。生活費は毎月頭を悩ませる厄介な存在ですが、それだけに支払いのよって付与されるポイントもかなりのものとなります。

ちなみに公共料金の支払いにはカードを使えないと誤解をしている方もいますが、一部を除けばカードによる支払いができ、またポイントもちゃんと付与されます。

ポイントの付与率はカードによって異なり、また一部の提携店などの支払いだとボーナスポイントがつくカードも多数存在します。自分がよく使う店などでボーナスポイントのつくカードを選ぶと良いでしょう。

<カード破産を避けるために……>

便利でオトクなクレジットカードですが、カード破産を起こしてしまう人がしばしば出ているのもまた事実です。クレジットカードを使う限り、カード破産の誘惑は身近にあり続けると心得ておきましょう。

カード破産を遠ざけたいのであれば、キャッシング機能を無視するのが一番です。カードを作成してからトラブルを起こさずに使っていくと段々とキャッシング限度額が増えていきますが、これに気を取られてはいけません。

キャッシング限度額は非常に大きく設定されていることが多く、カードを数年使っていれば、普通のサラリーマンでも1回に50万円ほど借り入れることができてしまうようになります。月収や年収はあまり関係なく、カードの使用年数に応じて金額が膨れ上がっていくシステムなのです。 キャッシング機能については、最初から存在しないものとして扱うのが最も安全です。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.