趣味でギター買う男と買い物依存女の違い

浪費なのか浪費でないのかを決めるのはどこでしょうか?「使わないもの」を買うことが浪費なのか、「満足できないもの」を買うことが浪費なのか、両方とも浪費なのか。

<趣味でギターにお金を使う男の生き方>

ギターの中には1本100万円を軽く超えるものも少なくありません。さすがに1000万円というものはめったに存在しませんが、300万円くらいのものなら普通の楽器店でも売っているでしょう。日本にはヤイリギターという国際的にも名の通ったギターメーカーもあります。ギブソンやマーチンなど、伝統的に有名なメーカーのギターも驚くほどの高値で取引されているモデルがあります。

愛好家が欲しがるのは、自分の尊敬するミュージシャンが使っていたギターであることが多いです。憧れのギタリストと同じものを持つ、ということ自体に満足感を覚えています。ギターを弾くことそのものではなく、「いつでも弾ける」 という状態が満足ポイントです。

かつて自分がギター少年だった頃にどうしても欲しかったギターを、大人になってお金を稼いだ自分が買うことで、かつての夢を実現しているという満足感もあるでしょう。「お金がなくて買えなかった」というコンプレックスがベースになっているというよりも、「欲しくて欲しくてたまらない気持ちが消えなかった」ということなのではないでしょうか。ギターの収集にはまる男は、「子どもっぽい」側面を持っているかもしれませんが、少なくとも卑屈な根性を抱えているわけではないはずです。「夢の実現中」と考えれば素敵です。比較的健全な趣味といえるのではないでしょうか。これは「浪費」とは違います。

<ブランド物を買いあさる買い物依存症>

ブランド物を買っては、倉庫にしまって使わないということを繰り返す人は、何にも満足していないでしょう。買ったときだけ瞬間的にストレスを発散し、気分が落ち着きますが、買うことそのものが楽しみであって、商品を手に入れたことそのものには喜びを感じていません。買い物依存の人たちの悲しい点は、せっかくお金を使ったのに、満足できないことです。しかも多くの場合は、嫌悪感や罪悪感が残ります。

買っても買っても喜べないという点では、ギターを収集する人とはまったく別ものです。この場合は健全な趣味とは言えず、メンタルのケアが必要な依存症に近いものといえるでしょう。

使いもしないものを買うという点では、ギターの収集家と、ブランド物の買い物依存症とは共通点がありますが、夢があるのかどうか、満足感が残るのかどうかと比べてみれば、全く異なるものです。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.