風俗選びに見る経済観

多くのストレスの中で働くサラリーマンの中には、癒しの場所として風俗を選ぶ人も少なくありません。風俗を利用して充実した性生活を送ることで、毎日のストレスを発散したり、翌日以降の仕事への活力を得たりすることができます。まさに風俗は忙しく働く現代のサラリーマンにとって都会のオアシス的存在であるといえるでしょう。

しかし、風俗を利用するにはそれ相応の対価を支払う必要があります。風俗での遊び方、またジャンルやお店の選び方からその人の経済観や性格を知ることができるか、検討してみましょう。

<ジャンル選びに見る経済観>

好みの問題もありますが、予算に応じて利用するジャンルを選ぶ人も少なくありません。限られた予算の中で風俗遊びをするのであれば、できるだけ良い想いをしたいと考える反面、できるだけ安く済ませたいものです。

そんなジャンル選びの方法にはいくつかのパターンがあります。一般的に高い人気を集めているソープやデリヘルは料金もかなり高額になってきます。そのため、最も多いパターンはそれら高額サービスをあきらめて仕方なくヘルスやピンサロで済ませてしまうといったものです。

これはバランス感覚のとれた経済観の持ち主に多いパターンです。安い費用で代用する手段があればそちらを選ぶことによって、上手にやりくりをすることができるタイプであるといえるでしょう。

次に多いパターンが、どんなに高額な予算が必要な風俗であっても、欲望優先。絶対にそこへ行くといったケースです。そのために風俗へ行く頻度を落としてでも、もっとも好きなジャンルを貫きます。

このパターンの男性は意思が強く、目的を達成するためであればどんな我慢も厭わないタイプが多い傾向にあります。欲しいものがあると、他の一切の出費を節約して目的のもののために貯金を始めるなど、しっかりとした計画を立てることができるのもこのタイプでしょう。

また、予算を無視して好きな風俗に通い詰めるパターンの男性もいます。生活費を削ったり、時には借金をしたりしてしまうこともあります。このパターンの男性はもっとも意思が弱く欲に流されてしまう男性である可能性が高いです。また、収支のバランスを上手にとれずにいつも金欠状態になっている人が多い傾向にあります。

このように利用する風俗の選び方のパターンだけでもある程度その人の性格や経済観を知ることができます。身の回りの人の風俗の選び方をチェックしてみましょう。普段はだらしない印象を受ける人であっても意外に経済観がしっかりとしていたり、逆にきっちりとしたイメージを持っている人が意外にお金にだらしなかったり、といった意外な一面を発見することができるかもしれません。

また、自分のパターンから、自分でも気づかなかったお金についての考え方に気付くことができるかもしれません。
性風俗の種類ってどんなのがあるの?そんな疑問をお持ちの方はコチラが参考になります→風俗らいぶらりー 風俗の種類

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.