散財しにくいお金の使い方とは?

散財する癖が抜けない人は、「お金を使いやすい状態にしてしまう」という傾向があります。使いやすい状態であれば、よほど強い意志でもない限り散財してしまうのは仕方ありません。

では、「お金を使いやすい状態」とは何なのか?そして賢いお金の使い方とは何か?詳しく解説していきましょう。

<散財する人のお金の使い方>

皆さんも経験があると思いますが、1万円を崩すとなくなるのが早い気がしませんか?「あれっ?つい2日前に崩したばかりなのに、もうこれだけになっている…」という感じです。

これは「早い気がする」のではなく、実際にたくさん使っている証拠です。このように大きなお金を崩してしまうと、消費するスピードがアップする傾向にあります。なぜなら、「1万円1枚」だと使うのをためらいますが、「1000円札10枚」だと1枚ぐらい使っても気になりませんよね?

しかし前者はお金を1円も使っていないのに対して、後者は1000円を使っています。そして残り数千円になるまで、「1枚ぐらい使っても平気♪」という心理は続きます。結果、早くお金を使ってしまうことになると考えておきましょう。

散財する癖が抜けない人は、まさに上記を繰り返している方々です。すぐに大きなお金をレジに出してしまうため、「この程度なら…♪」という心理がずっと続いているわけです。これが冒頭で紹介した、「お金を使いやすい状態」と呼んでいます。

<賢い人は小さいお金から>

一方、賢い消費活動が出来る人は、小さなお金から使う傾向にあり、1000円を切る買い物であれば、まず小銭を探し始めます。そして小銭が足りないと分かって初めて、1000円札を取り出します。

このようなお金の使い方をしている人の心理では、1万円札は「万が一のためのもの」という意識があります。つまり1万円札は普段使いするものではなく、「どうしても必要になった時に使うもの」と認識していると言えるでしょう。

結果、なかなか1万円札を崩さず、しかも小さなお金から消費をしているので、1000円札の減り方も遅いことになります。

いかがでしょうか?皆さんは、すぐに大きいお金を出してしまうタイプでしょうか?それではいつまでたっても散財する癖は抜けないため、まず「小さいお金から使う」という姿勢を徹底しておきましょう。

また、それでも散財する癖が抜けないのであれば、財布に入っているお金の金額を減らす方法もあります。「1万円札は入れない」「1000円札を毎日3枚だけ入れる」という感じです。そもそも使える金額に上限があるなら、それ以上を使うことはできません。さらに普段からカード払いをしている人は、お金を使っているという意識が生まれません。カードは万が一のためのものと認識して、普段は現金払いに変える方法も有効でしょう。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.