資産運用は「賢い性格」になれるメリットがあります!

皆さんは資産運用をしているでしょうか?日本の銀行の金利は非常に低く、現金を持っていてもほとんど意味がない時代です。一方、アメリカでは資産の約半分を株や債券で運用することが当たり前となっており、これからの日本も確実にそうなっていくでしょう。 そして資産運用には、「賢い性格になれる」というメリットがあります。具体的に解説していきましょう。

<視点が変わる>

たとえば、100万円を運用して年に1万円の利益が出たとします。皆さんはどう思いますか?成功でしょうか?それとも失敗でしょうか?損失を出していない分、少なくとも失敗ではありませんが、それほど大きな成功という気がしない方も多いでしょう。

しかしこれは大成功なのです。なぜか?賢い性格をしている人は、物事を「費用対効果」で見る癖があります。つまり、「100万円が1年間で101万円になった。年利は1%。日本の銀行の金利と比較すれば、かなりの成功と言っても過言ではない」と考えるはずです。

賢い性格の人は、決して一獲千金を夢見ません。利益を金額だけで評価するのではなく、利回り効率の視点から見ているためです。

一方、賢くない性格の人は、すぐに一獲千金を夢見てしまいます。したがって1万円の利益では満足できず、さらに大きな利益を狙おうと「無茶な取引」をやってしまいます。投資は、リターンが大きいほどリスクも大きくなります。結果、不慣れな投資で損失を出してしまい、泣く泣く市場から撤退していくことになるでしょう。

<普段お仕事でも役に立つ>

「100万円の資金で年利1%の利益」であれば、費用対効果の面でも十分に成功と言えます。このような視点を身に付けることは、普段の仕事でも大きく役に立ちます。 深く考えずに突っ走って失敗する人間ではなく、着実に積み立てて最終的な成功に導ける人間になれるということです。

さらに他人とは違う視点で物事を見ることが出来るため、「この観点から見れば、その方法は危険と言えます」といったように、誰も気づかなかった穴にも気づけるようになっていき、当然、社内でも「出来る男」として認識されるようになるでしょう。

いかがでしょうか?「たかが資産運用でそこまで性格が変わるのか?」と思われるでしょうが、実際に変わっていくから面白いのです。 なぜなら人と違う視点で物事を見ることが出来れば、社内でも目立つ存在になります。その地位にいる限り、それまでの自分の性格ではダメだと認識するようになるもの。結果、その地位にふさわしい性格になっていき、さらに賢い性格を目指して次の一歩を踏み出します。

お金が人の性格を変えるように、お金を運用することも人の性格を大きく変えます。必ず良い方向に変わるとは言い切れませんが、良い方向に導くのはあなた自身の裁量です。ぜひ資産運用を始めて、利益とともに賢い性格も手に入れましょう!

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.