万全の準備を整え、いざ風俗へ!

人間の3大欲求に「食欲」「睡眠欲」「性欲」が挙げられるように、性というのは人生にとって重要なものです。男性でも女性でも、老いも若きも性欲はありますし、その処理をする必要もあります。特定のパートナーがいるならば問題ありませんが、いないのならば「自分で処理する」か「風俗へ行く」ことになります。

せっかくお金を払って風俗へ行くならば、満足して帰りたいものです。そのためには、万全の体制で楽しめるように、下準備をすることも必要です。風俗にお金を使うこと自体は、決して無駄ではありませんが、お金を払って不満を抱えるようであれば、その投資は無駄だったということになってしまいます。

<下手にケチらず満足行くサービスを受ける方がいい!>

風俗へ行くための下準備としては、金銭面と体調面の2種類があります。金銭面とは、文字通り風俗へ支払うお金を賢く使うということになりますが、これは「安ければ安いほどいい」ということではありません。

風俗産業を利用する場合、基本的に「金額と満足度は比例する」と考えていいでしょう。なので、とにかく射精さえできればいいと考えるなら、格安の風俗店を利用すればいいでしょう。自分好みの風俗嬢を相手にしたいと考えるなら、写真を見て選べる店を利用して、指名料を払ったほうが結局は満足できます。この指名料は決して無駄ではありません。

またプレイ内容でも金額は大きく異なります。簡素なプレイルームを使う店、浴室付きのルームを用意している店、ラブホテルを使う店などでも値段は変わります。心ゆくまで楽しみたいのであれば、ある程度の金額を使ってでも満足感を求めた方がいいでしょう。風俗の場合は格安店と言っても、それは他の店と比べて安いというだけで、そもそもリーズナブルな遊びではありません。安くもない金額を払ったうえで、「やっぱりケチらなければよかった」なんて後悔を抱えるのが、もっとも無駄なお金の使い方なのです。

<体調不良で射精できず、では意味がない>

もうひとつ、体調面とは、あなたが風俗で気持ちよくなり、満足しつつ射精するための準備です。男性の勃起や射精は、意外なほどに体調やメンタルに左右されます。寝不足、酔っている、落ち込んでいる時には射精どころか勃起すらしないことも珍しくありません。

また病気としての勃起不全、EDもあります。この症状がなぜ起きるのかは、まさしくその人によりけりです。メンタル面から発症する場合もあれば、他の不調がきっかけで起こることもありますし、加齢からくる場合もあります。

EDの場合は、バイアグラという男性にとっては夢の薬が登場したことで、比較的簡単に解決することができます。安価な薬ではありませんが、お金を払うことで解決すると考えれば、無駄な投資どころか賢いお金の使い道と言えますし、今ではジェネリックのバイアグラも登場し金銭面でも節約することができるようになりました。風俗へ行っても勃起せず、射精もできず帰ってくるのでは、やはり有効なお金の使い方とは言えません。専門のクリニックへ行けば薬を処方してもらうことができますので、一度相談してみましょう。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.