堅実な積み立てや出費で堅実な性格になろう!

堅実な人とそうでない人、当然ですが前者の方が男性として魅力的です。行き過ぎた堅実さは「堅苦しいイメージ」や「面倒くさいを思われやすい」印象になりますが、行き過ぎない限り、堅実さは男性にも女性にも魅力的に映るものです。 そこで、まずは自分の普段の行動を変えて堅実な人に一歩近づいてみましょう!

<積み立て>

貯金ではなく、毎月5000円ほどを証券や債券で積み立ててみましょう。一部のネットバンクでは、指定した日に自動的に設定金額が証券や債券などに積み立てられるサービスも提供しています(資産運用専用の口座の開設が必要です)。

こうしておけば、決まった日に自動的に積み立てられるため、「自分でやるのが面倒くさい」という方でも簡単にできます。 この時、ポイントになるのが「換金性の低い金融商品」にすることです。REIT(不動産投資)や外貨建てのMMFなど、これらは一般的な株式と違って簡単に解約できるものではありません。そのような商品に的を絞っていれば、「つい使ってしまう」という方でも安心です。使いたくても使えないのですから。

<毎日、決まったことをやる>

たとえば筋トレです。男性の中には「毎日、座禅を組んでいる」という方もおられます。何でも良いので、「毎日続ける」をキーワードに新しい何かを始めてみましょう。

この時、「決まった時間にやる」ことは徹底してください。朝、起きてすぐの時間やお風呂に入った後の時間など、決まった時間にやる方が継続しやすいのはいうまでもありません。

毎日、継続して何かをするということは、自分に対する戒めにもなります。それが堅実さを自分の中に芽吹かせる第一歩となるので、挫折しないことを第一に心がけるようにしておきましょう。

そしてそのための出費は自己投資になりますので、決して無駄な出費ではありません。自己投資は自分を上のステージに導くための出費であるため、ある程度の出費は「上のステージに行くためだ!」と割り切ることが大切です。

いかがでしょうか?毎月少額の積み立ては非常に人気のサービスとなっており、これを読んでいる皆さんお腹にもすでにやっている方がいるかもしれません。すでにやっているのであれば、さらに金額を大きくしたり、もう1つの口座を開設して、毎月二口の積み立てをするなど、さらにレベルアップし試してさい。

また「決まった時間に決まったことをやる」のは難しいかもしれませんが、習慣づいてしまえばそれほど苦に思うことはありません。そうやって自分に対する戒めを鍛えれば、堅実さを身に付けることは十分に可能です。そして堅実になったあなたを見て、周りの反応も少しずつ変わってくることでしょう。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.