風俗はたまに痛い目を見る……しかし?

風俗で酷い目にあったことはありませんか? 勇んで呼んだデリヘル嬢がまったくもってカタログの写真と違っていたり、風俗店で女の子のチェンジを何度も繰り返していたらヤクザが出てきたり、客引きの兄ちゃんにつられて入った店がとんでもないボッタクリだったり……風俗業界は法の目をすり抜ける術に長けている店が多く、客はしばしば痛い目にあいます。

払ったお金にサービスがまったく見合わなかった、なんてことになれば正直ガッカリしてしまいますし、そんなことのために使ったお金がどうしようもなくもったいなく感じてしまいます。

しかし、このような痛い目もまったくのムダではありません。失ったお金は痛いですが、しかしこの出費はあなたのためになるものなのです。

<人間は誰でも、一度は大きな失敗をする>

生きていくうちに大きな失敗を一回もやらかさない人間など存在しません。人生において、失敗をしかねない事態はたくさんあります。人はそういった危機に対してできるかぎり適切に対処をしていくわけですが……しかし八十年以上にもおよぶ人生の中で、降りかかってくる危機の数は無数。その全てに対して完璧に対処するなど夢のまた夢です。 人は生きていくうちに絶対に失敗する生き物です。これは不可避で、誰もがそうなのです。

<失敗は人を強くする>

失敗を絶対に避けられない、と言うと人生を悲観してしまいたくなるかもしれませんが、そう落ち込む必要はありません。失敗は必ずしもマイナスだけではないのです。 確かに失敗をすれば、マイナスがあなたに降りかかります。金銭的な出費だったり、人間関係の悪化だったりとそのマイナスは非常に大きく、手痛いものとなるでしょう。

しかし、ピンチはチャンスでもあります。一度大きく転んだ人間は、より上手な転び方や起き上がり方を身につけます。転んだことのある人は、もう一度転んだとしても、なるべく痛くない方法で転んで、そして速やかに立ち上がることができるのです。

また、一度転んでおくと予知能力鍛えられます。転んだ時の記憶と照らし合わせることで転んでしまいそうな場所やタイミングをあらかじめ察知し、避けられるようになるのです。 こういった危機を察知する力や、とっさのトラブル、窮地に立ち向かえる能力は普段の生活や仕事などでも重宝する能力となるでしょう。 いつか転ぶ時のために、転びやすい風俗で転んでおくのは良い経験となるのです。

<トラウマになるほど転んでしまったら……>

しかし、いくら経験になるからと言っても、派手に転びすぎて立ち上がれなくなっては意味がありません。風俗で失敗したせいで性的なことにトラウマを持ってしまい、うまく勃起させることができなくなってしまったというケースがしばしばあります。

こういった場合は、素直に病院にかかり、バイアグラなどの処方を受けましょう。風俗で失敗したところに、更に病院代まで発生するのは辛いかもしれませんが、幸いにしてバイアグラの価格も落ち着いてきています。ジェネリック医薬品も開発されていますので、予算が気になるのならそちらを利用すると良いでしょう。

バイアグラなどで自信をつけてEDを乗り越えれば、それもまた良い失敗の経験として活かせるかもしれません。勃起できることの大切さを再確認することで、性行為などの喜びをよい強く噛み締められるようになるでしょう。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.