財布にこだわらない人は散財する

あなたは貯金していますか?いや、貯金できるタイプの人間でしょうか?人間には、「貯金する人」と「散財する人」の2つのタイプがあります。

もしあなたが「散財する人」であれば、一度、あなたの財布を確認してみましょう。散財癖がある方も多くは、「財布へのこだわりがない」という共通する特徴があります。

<なぜこだわりがないのか?>

財布は、お金をしまっておく道具です。また管理をする道具でもあります。したがって財布にこだわりがないということは、「お金の管理にも興味がない」ということになります。だから大切なお金を大切とも思わずに、どんどん使う癖が出来てしまういます。

お金は、使うのは簡単ですが稼ぐのは本当に大変です。苦労して稼いだお金に対して、ありがたみを感じないから散財癖が生まれてしまう…それを防ぐ最初の一歩こそ、財布へのこだわりだと考えておきましょう。

また、「財布の中がグチャグチャ」という方も要注意です。せっかく管理する道具(財布)を持っているのに、それを使いこなせていない証拠です。レシート類は毎日取り出し、お札の向きなどもキチンと合わせるようにしておきましょう。

貯金できる人の場合、お札の何枚かが逆向きになっていることがあります。これは、「今日使って良いお札」をはっきりさせるという意味があり、「それ以上は使わない=散財しない」という自分に対する戒めでもあると言えるでしょう。

<財布を持たないのは論外>

皆さんの周りにも、「財布を持っていない人」はいないでしょうか?ズボンのポケットに無造作にお札を入れており、上着のポケットには小銭がジャラジャラと入っているのです。これはいけません。財布の役割は上記の通り、「お金をしまう」ことと「お金を管理する」ことなのですが、じつはもう1つの役割があることをご存知でしょうか?

それこそ「お金が出ているのを防止する防波堤」としての役目。つまり財布が「壁」となって、お金が外に出ているのを防いでいるのです。

つまり財布を持たないということは、「お金を無防備な状態にしている」ということであり、例えるなら「ウィルスソフトをインストールせずにネットをする」ことと同じくらい危険と言えるでしょう。

いかがでしょうか?何もブランド物の高級財布を買う必要はありませんが、「この財布でお金を管理して、お金が外に出ていくのを防いでもらう」という意識を持つようにしてください。また上記の通り、お札を数枚だけ逆向きにしておき、1日に使える金額を制限する方法も有効です。

このように財布にこだわりを持つだけでも、散財癖を軽減することができます。ぜひ今日にでも、百貨店などに行ってお気に入りの財布を見つけるようにしてください。すでに財布を持っている方は、中身がグチャグチャになっていないことを確認して、お札の向きなどを工夫しておきましょう。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.