節約術の本当の効果は「浪費を減らす」ことにあり!

こまめに電気を消す、エアコンは極力付けずに扇風機を使う、格安ドラッグストアで買物……。こまめな節約術はよく話題になりますが、ではそれらを実行して、いくらの節約になるでしょうか? いろいろと我慢して、苦労を重ねて、1ヶ月に1000円にも満たない節約となれば、次第に努力して節約し続けるのもバカバカしくなってしまうかもしれません。

とはいえ、それらの節約術が無駄であるワケではありません。むしろ、実際に節約できる金額以上の効果をもたらすこともあります。それは、"節約する"という意識をしっかりと身に付けることができることです。

<セコセコ節約術で浮く金額はたかが知れている>

例えば「冷蔵庫の開閉時間を極力短くする」といった節約術では、実際に節約できる金額は1ヶ月で100円にも満たないでしょう。であれば、その100円を何が何でも節約するという意識ではなく、"やらないよりはやったほうがマシ"程度の軽い感覚で捉えておくべきです。

やったほうがマシ程度の気持ちであれば、仮に冷蔵庫の開閉1回で済むところ、2回開けたというケースがあっても、さほど気に病むことはないでしょう。ここで「ああ、もったいない!」と怒りを覚えるほど真剣になってしまうと、いずれ疲れてしまうのではないですか? 様々な節約術を"できるなら、やる"ことにして、常日頃から気にかけつつも、実際には緩く実施する。これならば、ミスがあっても精神的に楽ですし、わずかとはいえ実際の節約にも繋がります。

なによりも、常日頃から節約術を気にして生活することで、当然ながら浪費に繋がるようなことはしなくなるはず。いらないのに買ってしまうもの、例えばコンビニでついついお菓子を多めに買ってしまうだけで、必死の努力で節約した金額などはあっという間に吹っ飛んでしまいます。

となれば、買物をする場合でも「これは本当に必要か?」と気にするようになるでしょうし、スマホの契約を安いプランに見なおしたり、外食の頻度を減らしたりと、自然に浪費自体を減らすようになるはずです。セコセコ、ケチケチの節約術は、実際に節約できる金額よりも、「節約を心がける」「浪費を減らす」という考え方を身に付けられることに意味があるのです。

<大切なのは節約できる金額よりも意識改革>

浪費癖がある人は、1回あたりの金額が安いものならあまり気に留めない、といったルーズさがあります。そのために、大して高い買物もしていないのに気付けばお金が減っている、というパターンに陥ります。これを修正するには、細かい浪費自体をしないようにする必要があり、そのためには常日頃から節約することを心がける程度でバランスが取れるのです。

節約術の本当のメリットは、お金に対するルーズさを戒める意識改革ができること。余計な出費を削ることができれば、いつの間にか貯金残高にも余裕が出てくるはずです。ただし、くれぐれも神経質になりすぎずに。実際に行う節約術は、気楽に行える程度で充分です。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.