飲食に関するお金…それって無駄ですか?

無駄遣いについて考える際に、どうしても外すことのできないポイントの一つが食べ物、飲み物についてです。 私たち人間は、毎日食事を摂らなければ生きて行くことができません。そして、完全に自給自足生活をすることができている、という方を除けば、食べ物や飲み物を手に入れるにはお金が必要となります。

そこで、そんな食費の中にある無駄遣いについて考えてみましょう。

<お酒を飲むのは無駄遣いになる?>

飲食について考えた時に、お酒を飲むことが無駄遣いになっている、と感じている方も多いのではないでしょうか? ビールなどであればそれほど高価なものではありませんが、毎日のように飲んでいると確かにかなりの金額になってしまうものです。

お酒を飲まないと生きて行くことができないわけではありませんので、これは無駄だ!と決めつけてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、人によってはお酒は無駄なものかもしれません。しかし、逆にこれが絶対に必要だ、と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これが無駄なのかそうでないのかをジャッジする際に大切なのは、あなたにとってお酒がどのような存在であるのか、という点になります。

毎日の晩酌の時間があなたにとってかけがえのないもので、一日の疲れを癒したり、明日への活力を得たりするために必要なものであるとすれば、それは決して無駄なものではないと言えます。

お酒は無駄である、と決めつけてしまう前に、これがあなたにとってどのような存在であるのかを考えてみましょう。

<高級な食材を購入するのは無駄になる?>

では、高級な食材を購入することは無駄なのでしょうか?同じ野菜や魚介類であっても、その品質によって値段は大きく変わってきます。

安全で、より美味しい食材を手に入れようと思えば、一般的にはその分高価になってしまいますので、無駄遣いをなくすために、できるだけ安いものを…と考えてしまう方も少なくないようです。

しかし、安価な食材を購入することで本当に無駄遣いをカットすることに繋がるのでしょうか?

実は食材の価格よりも、無駄なく使い切ることができるように購入することの方が大きな効果を得ることができます。 あなたの食材の使い方について考えてみましょう。本当に無駄にすることなく使い切ることができていますか?

安いから、と言ってまとめ買いをし、結局食べきれずに腐らせてしまったり、捨ててしまったりしていませんか? 何も食材の質を落とさなくても、食材を無駄にさえしなければそれだけで食費の無駄を大幅にカットすることができるはずです。

ポイントはしっかりと献立を考えた上で、必要なものだけを購入することです。また、場合によっては出来合いの惣菜などを上手に活用することによって、簡単に無駄を省くことも可能です。

食に関する無駄遣いのジャッジ方法について考えてみましたが、いかがだったでしょうか? 無理に必要なものを削ってしまうのではなく、どうすれば無駄をなくすことができるのか、という点に重点を置いて考えてみましょう。

そうすれば、簡単にあなたの無駄遣いをしっかりとジャッジすることができるのではないでしょうか? あなたも、毎日の食事の中の無駄遣いについて考えるようにしてみましょう。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.