家賃の高い部屋で暮らすのは無駄なこと?

無駄遣いについて考える際に、毎月必ず支払わなければならない固定費についてまず考えてしまうという方も多いのではないでしょうか?

中でも、家賃は固定費のかなりの割合を占めることになりますので、そこに無駄があるのでは?と考えてしまう方も多いのではないでしょうか?

家賃は部屋や家によってまったく異なってきます。そのため、できるだけ安いところで暮らせばその分だけ無駄遣いをカットすることができる、と考えることができるかもしれません。 そこで、家賃の中の無駄遣いについて考えてみたいと思います。

<安い理由について考えてみる>

できるだけ家賃の安い物件を探す際に、まず考えなければならないのが安い理由についてです。 その理由があなたにとって大きな問題を生み出してしまうことになるかもしれません。

まず、最初に考えられるのが立地についてでしょう。駅から近い、都市部にある、など立地の良い物件は当然それだけ家賃も高くなります。もちろん、不便な立地になれば、同じタイプ、広さの物件であっても家賃もかなり安くなります。

この立地は、通勤などに大きな影響を及ぼすことになります。いつもより長く通勤に時間がかかってしまったり、交通費が高額になってしまたり、といったデメリットがあまりに大きい場合は、いくら家賃が安くても結果的にはマイナスとなってしまう可能性も十分に考えられるでしょう。

極端な例を挙げてしまうと、家賃が安い代わりに周辺に公共の交通機関がほとんどなく、結果として車を購入しなければならなくなってしまう…というケースも十分に考えられるでしょう。

そうなれば、購入費用だけでなく、維持費や駐車場代など、かなり出費が増えてしまい、結局、家賃が安くても出費の総額は利便性の高いところで暮らす場合とあまり変わらないか、場合によってはより高くなってしまうかもしれません。

<生活に必要なスペースを確保できなければ…>

部屋の広さによって家賃は変わってきますので、同じような立地でより家賃を安くしようと考えると、どうしても狭い部屋になってしまいます。

しかし、狭くなったことで生活に必要なスペースを十分に確保することができなくなってしまうとどうでしょう? もはや、生活が成り立たなくなってしまうかもしれません。

家族で暮らしている方の場合、ある程度の部屋数を確保しなければならないケースもあるでしょう。 家賃を削るために、生活に必要な部屋の数まで減らしてしまうと、家族全員が大きなストレスを抱えながら生活しなければならないかもしれません。

また、女性の場合はセキュリティなどについてもしっかりとチェックしておきたいポイントの一つです。 安全に、安心して生活を送るために、多少家賃が高くなってしまうのは仕方のないことです。 あなたの生活にフィットした部屋で生活するためにかかってしまう費用は決して無駄なものではありません。

何もかもが無駄であると考えてしまうと、快適な暮らしを送ることができなくなってしまいます。 もちろん、常に無駄遣いをやめよう、と意識し続けることはとても大切なことです。あなたにとってそれは無駄なことなのか、それとも必要なことなのかをしっかりと考えるようにすべきでしょう。

Copyright© あなたは何にお金を使いますか? All Rights Reserved.